留学によって視野が広がるという意味は?

なんだか最近、海外がいかに良く、日本がいかに悪いかを書いたツイートがすごい勢いで伸びているのを見かけます。ですが、それをつぶやく人やそれに賛同する人は、それでも日本に住み続けます。

テレビでも、日本人の感覚では格安で、しかも英語が喋れなくても海外で良い生活ができるという特集があります。いいなと言う人は多いものの、やはり日本からは離れません。

この原因は、海外が怖いことにあると思います。自分の生き方をもっと自由にするためにも、私は早いうちに海外を知っておく、留学をしておくことは意味があると思います。視野が広がるとはよく言いますが、自分らしい生き方を模索する時、その選択肢が広がるという意味も含まれているのでしょう。だからどこの国でも良いので、一度日本を早いうちから飛び出した経験を持っている人はあらゆる面で少しだけ強くなっていると思います。国に縛られない生き方ができる人になるためには、留学はとても良い機会です。